2009年6月28日日曜日

chaosmaid の歌詞のメモ

chaosmaidの二番を入手したのでこの前の1番と繋げて載せてみる。

眼[まなこ]遮るは 偽りの錠前
苛まれし秘密 重ねて塞いで

解くは今 禁忌の楔を立てて
長き沈黙はまた 裂かれ轟いた

狂宴の(狂宴の)幕は開く(幕は開く)
醜態と(醜態と)陵辱と(陵辱と)
盛りの果て

絡みつく思索は 四肢を固めて
身悶える間も無く 意志を消し去る

隷属は美徳と知れ 堕つは理[ことわり]と誓って
服従を誇りとし 地を這うが定めとせよ

痛みは愛情と知れ 繋げシナプスのロジック
淫靡[いんび]の調べに舞え 無様は誰ぞ為にあれと

鮮やかな飛沫 弧を描く
叫べ 獣のように

壊れていく(いく)(いく)
歪んでいく(いく)(いく)

仄[ほの]か 淡きに咲く名も無き花は
愉悦[ゆえつ]の蜜を浴び 穢[けが]れて朽ちゆく

尚も 待ち望むは自由か慈悲か
決壊[けっかい]の融点まで 侵食[しんしょく]は止まぬ

開錠の(開錠の) 音は響く(音は響く)
迫りしは (迫りしは)畜生か(畜生か)
蠢[うごめ]く影

張り巡る四方に 息を潜めて
二重三重の罠は 笑みを浮かべて

隷属は美徳と知れ 堕つは理[ことわり]と誓って
服従を誇りとし 地を這うが定めとせよ

終焉は非情と知れ 崩れ往く意識のセッション
快楽のままに踊れ 響け昇天の叫びよ

混沌の風に 掻き消され
喚け 迷い子のように

壊れていく (いく)(いく)
歪んでいく (いく)(いく)