2010年11月1日月曜日

UbuntuをMac風に出来るというMacbuntuを使ってみた。

というわけで「Macbuntu」でUbuntuを5分でマック風に変身させるという記事を見て、手軽なのでMacbuntuを導入してみたjunerです。流行りについつい乗っかっておっこちるタイプです。

で、導入方法ですが………。特に悩む事は無いです。記事の通り、3行程度のコードを端末にコピーアンドペーストしてあげればいいわけです。簡単です。

例えば、うちのUbuntuは10.10なので、以下の様なコードになります。

wget http://downloads.sourceforge.net/project/macbuntu/macbuntu-10.10/v2.3Alpha/Macbuntu-10.10.tar.gz -O /tmp/Macbuntu-10.10.tar.gz
tar xzvf /tmp/Macbuntu-10.10.tar.gz -C /tmp
cd /tmp/Macbuntu-10.10/
./install.sh

まぁさっきののサイトのをコピペでいいです。あとでちょいちょい聞かれる項目ありますけれど、大体はyか0辺りでいいです。読みながら答えたほうがいいですけれど、まぁ適当でもアンインストールも出来るものなんで良いのではないでしょうか?(起動出来なくなる様なことは無いと思われます(楽観的

あと、今回のの利点としてはアンインストールも楽なとこですね。

cd /tmp/Macbuntu-10.10/
./uninstall.sh

たった2行でアンインストール出来ました。。

ちなみに今回のうちのデスクトップも載せておきたいと思います。

いやはや……。視覚効果とか、エフェクトとかホント色々と機能があって面白かった限りです。尚、下に表示されるDocよりDockyにより、Docの設定を、ControlCenterにより視覚効果や切り替えやブラー等のオプションの変更が行えます。

そんな感じでしょうか。