2012年11月6日火曜日

MicrosoftOfficeの公式Viewerについてのメモとか

MSOfficeをOffice入っていない時に見ようと思ったけど、見れなくて面倒な目にあったことってありませんか?

そういう時に使えるMS公式のOffice Viewerについての調べてみました。

まず、公式でViewerを用意されている物は Word,Excel,PowerPoint,Visioの四つ。

Word Viewer
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=4
Excel Viewer
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=10
PowerPoint Viewer
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13
Visio Viewer
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=21701

そんな感じにある訳ですよ。ちなみに、Viewerっていう意味では公式で言ってる様に、MicrosoftOfficeの評価版をインストールすればよいのですけれどね。(例:MSOffice2010評価版) 評価版であれば、評価期間の60日を過ぎれば作成・編集機能が使用出来なくなって完全なViewerになるのでそういう意味であればアリかもしれません。

もしくは、Viewerではなく、最新のOfficeを使いたい!って人がいるのであれば、MSOfficeのCP版という手もあります。これはまぁ期限はありますけれど。

もうぶっちゃけ編集したいのであれば、Web Appsでこと足りるのですけれどね。(細かい編集とかは無理ですけれど、基本的に使うんであればこれでこと足りる。

以上、無料でOffice使う場合のメモでした。