2010年5月30日日曜日

Ubuntu使ってるなら悪い事言わないから日本語入力にmozc入れなさいな……。

というわけでjunersことjunerです。

今回紹介するのは、Google製の日本語入力ソフトであるGoogle日本語入力のOpenSource版のmozcを紹介したいと思います。

とは言っても、そんな特殊な事しなくても良いです。Ubuntuであればリポジトリを登録して、sudo apt-get install ibus-mozc してしまえばインストールされます。

使うときはibus-setupで設定するとできます。

ま、まぁリポジトリとか設定の件についてはMozc - Google日本語入力のオープンソース版の記事を読めば多分出来る筈です。私だって特に悩むことなく出来ましたし。

問題点としては今までの日本語入力で登録した物を利用出来ない事でしょうか……。あと、Google日本語入力の様なGoogleお手製の辞書セットではないという事ですね……。(※しかし霧雨魔理沙は一発変換出来るという……こいつ化け物か⁉⁉)

そんな感じでお勧めの日本語入力ソフトでした。

追記:2010/10/10

ibus-setup だと迷いそうだったので追記します。

ibus-setupコマンドによって開いたウインドウのインプットメソッド:タブでインプットメソッドの選択をクリックして日本語の欄にMozcがありますのでそれを選択して追加ボタンを押すことでmozcがインプットメソッドとして選択できるようになります。

追記:2010/10/26

Ubuntu10.10だとなんか上手く表示関係がいかない様なので公式のを使わない方法としてやり方を別の記事に載せました。